宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」が初めて中国

大陸に導入され、12月14日からデジタル修復版が中国の家電量販店約6000館で上映される予定です。
1988年の映画が日本でスクリーンに登録されてから30年後に中国で上映されたことについて、宮崎駿監督は驚きました。10日の上映会が上海で行われ、スタジオジブリの星野康二会長は「世界中で愛されている映画です。見どころがたくさんありますので、視聴者の皆さんに発見してほしいです」とあいさつしました。
星野さんによると、中国大陸では外国映画の上映が制限されているうえ、配給会社もないため、宮崎駿の映画は公開されていません。しかし、ファンたちは海賊版DVDやネット上の違法動画で見て人気があります。
星野さんは「海賊版対策のためにも、本格的に中国市場でジブリ作品を公開しなければならないと考えています」と強調し、今後は他の作品の公開を目指す考えを示しました。

宮崎駿「千と千尋の神隠し」が奥地版のポスター映画を公開します。


今日、映画「千と千尋の神隠し」の公式ミニブログが口コミポスターを2枚発表しました。同時に映画は中国本土での公開が決定されると発表しました。ポスターはこの経典のアニメーションの長い映画の獲得した栄誉を紹介して、および全世界の映画人とメディアのこの映画に対する評価。
『千と千尋の神隠し』は宮崎駿が世界で有名な日本アニメーションの佳作で、その優秀さは各大権威映画賞を我先に「ベストアニメ」を与えました。第52回ベルリン映画祭の金熊賞、第75回アカデミー賞の最優秀アニメ、第30回アン賞の最優秀アニメ、第21回金熊賞のアジア映画などです。